悪魔強すぎ問題

レートの方はようやく7000に到達して
7200まであがって現在6800までまた落ちる
順位4桁には乗ったかな・・まだ5桁だろうか


新しく追加されたティリオンはそれまで組む価値皆無だった無種族構成に特化したヒーローで多分本編と同じく強キャラ
序盤から献身の英雄やら有徳の守護者やらを強化して最後まで残しても良いうえ
後半もバロン・リーヴェンディアやザップ・スライウィック等強力なバフ対象がいるので

こんな馬鹿げた事がそこそこの頻度で起きたり・・

初期からいるジャラクサスがコスト2で悪魔全体に₊1/₊1
かたやティリオンはコスト1で無種族全体に₊1/₊1
しかも現状無種族ミニオンはティリオン以外で積極的に取りたいヒーローがほぼ存在しないので
競合相手はダリルや断末魔構成を作っている人くらい

一方で悪魔は
・★1のヴォイドウォーカーが削除され代わりに悪鬼の下僕が追加
・★2に禁固番が追加
これらの変更が加えられた事で序盤の安定感が大幅に増し一躍人気種族に
それまでは「完成すれば強いけど安定せず中盤で死にやすい」程度の立ち位置だったのが
今では序盤から終盤まで普通にお強い
というか憤怒の織り屋₊浮遊する番人や悪魔数匹にソウル・ジャグラーを合わせた構成が台頭して
中盤それら相手に大きくライフを削られて負けるケースがとても多くなりました
それにより同じく完成すれば超強力だったマーロックがよりメガザウルスまで到達し辛くなり
中盤の獣構成の核を担っていたハイエナや群れのリーダーがジャグラーの弾で死にやすくなり
メカはコバルト中心に相変わらず強いのですが
全体としては悪魔が頭一つ抜けてしまった感じが

憤怒の織屋あたりとティリオンもしくはジャラクサスは調整入るんじゃないかしら
見た目超強そうなのに本編でもこちらでも微妙な扱いのジャラクサスさんの悲哀といったら



私がこの手のゲームに一番求めているものは駆け引きや心理戦だと自分では思っているのですが
それに特化するならばポーカーや麻雀,或いはチェスや囲碁をやれば良いのではとも自答します
Blizzardの調整は大味なものが多いのも定評とはいえ
このゲーム(BG)はβ版なのもあってか頻度・ユーザーの意見の反映度共に高くよく調整されていると思います
(最近だと3回の対戦の間に同じ相手と当たらなくなるのはとても良かった)
ただそもそもこのネットの時代
例え数百人か数千人の優秀なブレーンが綿密な調整を行ったとしても
その数百倍数千倍の集合知には敵うべくもなく一瞬にしてバランスが崩壊したり煮詰まり切ったりするのが戦略系ゲームの性
結局程よく運の要素が絡みまたファンタジーの世界の雰囲気を楽しめる点でこの手のゲームは手軽に手を付けやすいのであって
駆け引きとか心理戦を楽しむスタンスならば基本のルールがよりシンプルなものに越したことはないのかなとか
そういう煮え切らなさを抱きながら遊んでいるのでした

まあ今使うべき脳の場所を間違えているのかもしれないね
感性を刺激したいというか感動したい気がする
足りていないよ感動が

(アイキャッチ画像は一人用アドベンチャーモード『ガラクロンドの目覚め』チャプター2の解禁メッセージ
一括購入したは良いものの対NPCの戦略ゲームをやる気分では無く完全放置状態
無料のBGに釣られて同ゲーム内の別コンテンツに課金する私の様な人が一定数いるであろう事を考えると
Blizzardさんは本当に商売上手だなって思います)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。